歴史

有馬温泉 創世記 その2

古いという事と歴史があるという事は違います。 日本の正史「日本書紀」に、631年舒明天皇が。有馬に行幸したというのが日本の温泉地では一番古い記録です‥‥

行基所縁の“富松一寸そら豆”

富松一寸ソラマメは、一粒がまさしく一寸(3㎝)ある大粒のソラマメ。 尼崎市富松町にある富松神社の宮司 善見壽男氏が地域の親睦を図る為に小学生や地域‥‥

有馬温泉に素麺屋があった!

ある時「有馬温泉で七夕の時に素麺を出そう」という話になった。 素麺は奈良時代に遣唐使が持ち帰った「索(さく)餅(へい)」が起源で、平安時代には宮内‥‥

明治・大正時代の有馬へのアクセス 有馬自働車

明治に入り政府は東京大阪間の鉄道計画を策定し、明治5年、新橋横浜間が開通しました。 明治7年には大阪神戸間が開通した。その事により神戸の一つ手前の駅‥‥

有馬温泉 創世記 その1

今、湧いている有馬の温泉は600万年前のもの 今日、有馬に来られて入浴する湯は600万年前に地球の内部に取り込まれた海水が起源です。 600万年前といっても‥‥