支配人の業務について

御所坊グループの支配人には、主に次のことなどが求められます。

・スタッフ一人一人の適正・個性を生かした生き生きとしたチームを作ること
・御所坊グループらしいおもてなしを体現・共有し、チームでそれを実現できること
・経営陣の経営方針・哲学・思いをよく理解しており、それをチーム一人一人に深く浸透させること
・一人一人の意見を聞いたり、時にはトップダウンで、業務効率の改善を率先できること
・御所坊グループの主人や女将として振るまえ、当坊グループの顔としてふさわしい人物であること

このお仕事には、次の方などが向いています。
・御所坊グループの経営の思いに共感できる方
・人の心の機微を理解し、お手本となるような良いおもてなしを実現できる方
・一歩下がって、あえて下の子に仕事を任せ、自分の責任で人を育成できる度量のある方
・個人プレーよりもチームプレーを好む方
・常に改善を率先し、変化を楽しむことができる方
・海外のお客様に複雑な説明もできる語学力のある方

インタビュー 支配人

陶泉 御所坊 支配人「まき」 竹安さん

高校時時代から御所坊でアルバイトをしていたことが御所坊との接点。卒業をする際に、当時テニスクラブ経営を始めるので入社しないかと誘われたことと、それまでのアルバイトをしている中で、非常により職場環境であると実感があったため、入社を決めました。

お客様に満足して帰って頂けたと感じたときが何より嬉しいと感じます。
「たのしかった」、「おいしかった」、「部屋が素敵だった」、「いいところに泊めてもらってよかった」などこれまで数えきれないくらいのお褒めの言葉を頂き、その都度お客様に楽しい時間を過ごして頂けているのだと実感できることが何にも代えがたい報酬だと思っています。また、新卒で入社してきた若手スタッフが、個人差あれど徐々に仕事を覚えて一人前になるのを見守るのは、支配人としての喜びのひとつです。

御所坊は、創業1191年と非常に古くから続く歴史のある旅館です。820年以上前に創業した宿が現在も続いていること自体が非常に稀有な存在だと感じています。古の時を超え、伝えられて来た御所坊の伝統を受け継いでいくために共に尽力頂けるスタッフを歓迎します。
 また、御所坊の運営に関する金井社長の考え方は、御所坊グループだけではなく、有馬温泉としての発展を睨んだものであるので、その経営哲学、地域活性化にかける想いをこれから入社されるスタッフの方にも伝え、共感して頂けたら嬉しく思います。
 古きよきものを継承し、更なる発展のために御所坊のこれまでの方向性の未来にあると思われる新しいものも取り入れる、これを担って頂けたら幸いです。

インタビュー 支配人

有馬山叢 御所別墅 支配人「清林」 港さん

専門学校時代に企業研研修の際に、金井社長の講義を受けたことをきっかけに、御所坊でアルバイトを開始。御所坊で働くうちに、金井社長の経営スタンスに惹かれ、御所坊の一員として、働きたいと思うようになり、入社しました。

御所坊グループは、スタッフそれぞれの個性を活かして役割を与えてくれる社風です。特に、やる気に満ち仕事を前のめりで取り組むスタッフについては若くともチャンスを与えるという経営方針です。現時点の力が多少不足していても、成長意欲を買い大きな役割を与えてくれる「やってみなはれ」というスタンスで社長を含む経営陣はスタッフを見てくれていると実感できます。
「ひとつにこだわらず、手を上げる人間にはなんでも任せていく」そうする中で、ひとり何役もこなす喜びをスタッフは感じるようになり、飛躍的な成長につながるのだと感じています。

新卒者であっても、社長・経営陣がスポットを当ててくれます。だからこそ、石の上にも三年と腹をくくって努力をしたスタッフが今は当社の一線に立っています。また、忙しい時期は、チームみんなで一丸となって頑張らないといけませんが、忙しさが落ち着くと、バーベキュー開いてくれたりなどして、スタッフ全員が集まれる場を創ってくれ、このような場は部門を超えてコミュニケーションを深める機会になっています。
これから入社して来れれる方に特にお伝えしたいのは、御所坊グループは、色々なことが勉強できる場所であるということです。成長したら、年次に関わらず、力があり感性豊かな方は役割を与えてくれます。1年目から支配人もあり得る宿泊業界では非常に稀有な存在です。

フロントスタッフの業務について

・「明日●●に行くけれど他に楽しみが何かあるか?」、「タクシー呼んでほしい。」「荷物を送ってほしい」、「アロマの予約をしたい」など様々な顧客の要望に対して、適切かつ迅速に対応できる必要がある。

・チェックインからチェックアウトまで、お客様の満足度を見極めるため、気になる点があれば、社内に問題定義をして解決のシードとする。得た情報を漏れなくタイムリーに伝達することにより、お客様に最適なサービスが提供できる。

・フロントはお客様へに街についての案内を要求されるポジションであるため、有馬温泉はもちろん、神戸・三ノ宮エリアの情報、有馬温泉近郊の観光スポットに精通している必要がある。また、ご宿泊以外のお客様(見込み客)に対しての対応の際に、御所坊をアピールする機会がある。

できる限り助けてあげたい、世話をしてあげたいということが好きな方やアパレルのハイブランドなどで接客を学んだ方に向いたお仕事です。

インタビュー フロントスタッフ

有馬山叢 御所別墅 フロントスタッフ

留学生として日本に来て日本文化に憧れがあり、日本の着物を着た人の美しさが羨ましく思っていました。そうした中で、着物を着た美しい姿や所作を身に着けたいと思い、旅館で働くことを選びました。御所坊グループに入社したきっかけは、インターンシップで、その際に自らが求めていたことがここにあると感じ、入社しました。歴史なども見ていいなと思いました。

外国からのお客様がいらっしゃった際、日本語が通じない場合など、フロントとして中国語と英語でサポートしてうまく行ったときに喜びを感じます。また、和食の作法や、おもてなしを学び身についていく過程がやりがいを感じていることはもちろん、仕事に活かせることが何より嬉しく思っています。

世界で100年以上続く企業の80%が日本企業と言われている中で、その中でも800年以上続いている日本的にも、世界的にも稀有な企業であるこの御所坊グループで働いていて自分自身が感じるのは、自分のリーダーシップや、チームワークを身に着けたい人はいいのではないかと思います。チャレンジしたいというスタッフにはどんどん機会を与えてくれる会社であると思います。
それは、国籍や男女関係なく与えられる機会です。そういう意味において、特に外国人の方で日本語でのコミュニケーションを学びたい人には、フラットに働ける日本企業として御所坊グループは非常に良い環境であると感じています。

客室係・仲居の業務について

和室の歩き方、扉の開け方、着物の着方など、800年以上続く宿の文化をその所作に感じさせる必要がある。こういったマナーや日本古来の所作について、御所坊グループのお客様は精通している方が非常に多い。

お客様と一番話ができるシーンが多く、お客様の人生を拝聴する機会も多いため、非常に見識が高まる仕事である一方、お客様の個人情報を知り得る機会が多いため、非常に高いモラルが求められる。また、客室スタッフは「お客様からみた御所坊」そのものである。

入社したスタッフ研修は、レストランでの接客からスタートするが、経営者や政治家、文化人など社会的地位も高く、高度な接客が求められるお客様に対して、対応ができると感じられらたスタッフを配属している。

物おじせずに人との対話を楽しめる方で、かつ人の気持ちを察することに長けた方に向いたお仕事です。レストランやカフェでの接客経験のある方にもに向いたお仕事です。

インタビュー 客室係・仲居

仲居頭 なぎささん

ホテルの専門学校を卒業後新卒で入社しました。専門学校時代にホテル・旅館の両方に企業研修にいきましたが、ホテルより旅館で働く方が身近に感じられたため、旅館で働くことを決めました。元々温泉が好きで専門学校の先生の推薦もあり、有馬温泉の旅館で働きたいと考え、マニュアルでガチガチなところではない旅館のおもてなしを実践していると感じられた御所坊に入社しました。

御所坊で10年働いてる中で、担当しているお客様に「御所坊の温泉ありきだが、あなたに会いに来れてうれしい」と言われたときなどは、非常に充実感が感じられる瞬間です。また、お客様と長い期間接しなければわからない部分が見えてくると、おもてなしとしてできることが増えます。また、お客様との長いお付き合いの中で、お客様との会話の中で本心が垣間見れることがあったりすると嬉しく思います。普段見えない部分が見えると新たな発見と感じられ、次なるおもてなしに活かせることも増えるので、お客様に接する上での楽しみが増えます。

御所坊は、800年以上続く歴史ある旅館で、日本の有名な旅館の中でも稀有な存在です。入社した際の金井社長の話が非常に興味深く、御所坊の経営だけではなく、金井社長の有馬という地域を今後どのように発展させていきたいかという話が興味深かったのを今でも覚えています。御所坊グループで働くことで教科書にも載っていたとだけでなく、載っていないような歴史を知れる面白さを日常的に味わうことができるのは非常に貴重な経験だと思います。また、御所坊の歴史ある建物は、他に類を見ないような癒される空間だと感じています。御所坊としてのこだわりが非常に強いので、働く中でこまかい部分を知っていくと、率直に凄いと感じることが多いです。個人的には、これからは入社される方や、若手のスタッフをこれまで以上にもっとも巻き込んで、御所坊の、更には有馬温泉の歴史を紡いでいきたい。そして、若いスタッフたちを成長した姿をみていたい、そしてそこに関与したいと考えています。

インタビュー 客室係・仲居

仲居 あつみさん

アパレル業界で30数年接客の仕事に従事していたが、日本古来のものと、歴史・作法を学びたいと考え転職活動をし、一時客室担当として、淡路島にある宿泊施設の企業に入社し働いていたが、おもてなしの在り方について自分が求めるものと異なるように感じられ退職しました。その後、転職活動を再開し、以前いち顧客として何度も利用し、おもてなしの在り方を理解していた御所坊の門を叩き、入社しました。

充実感を感じる瞬間は多々ありますが、残念ながらトラブルがお客様の身に起きてしまい、気分を害されていらっしゃるお客様に対して、精一杯のおもてなしをさせて頂いた結果、帰る際には喜んで頂き「帰り際に、また来るよ」と笑いながら言って頂けるのが何よりもうれしく思います。

御所坊で働いていて感じることは、御所坊の「古きよきものを大事にする姿勢」、「作法・日本式の美学を学べる」ところが非常に素晴らしいと感じています。就業環境としては、全体的にアットホームで助け合いながら仕事に取り組んでいる点も同様に素晴らしいと感じています。個人的には、古きよきものは大事にしつつ、合理性などを加えながら、今まで以上に働きやすい環境になると思っているので、これまでアパレル業界で培った経験で活かせるものがあれば積極的に取り組んでいきたいと考えています。

接客スタッフの業務について

・お客様のお食事の進み具合を見極めながら厨房と連携を取り、次のお料理をタイミング良く提供していくため、高いコミュニケーション力と状況把握能力が求めらえる。

・お客様への接客は、他のスタッフがお料理を提供した後に、自分が次のお料理を提供するケースも多々あるため、チームワークを発揮して連携し対応することが求められる。

・求められる能力としては、客室スタッフと非常に近いしい、そのためこのポジションが入社時に一番最初に配属をされるポジションになっている。

チームワークを求められるため、学生時代にサッカーやバスケットなど、状況によって自分が何をすべきかを瞬時に判断し対応することを経験してきた方。レストランやカフェでの接客経験のある方。

インタビュー 接客スタッフ

バール責任者 絵柳さん

元々スキューバダイビングのインストラクターの仕事をしていましたが、世の中により影響を及ぼせる仕事に就きたいと考え、仕事を探していました。当初は、「残飯を肥料にして野菜を創っている会社」などが、社会貢献度が高く、興味がありましたが、それ以上、食にもこだわりながらも、歴史と伝統を背景としたおもてなしに惹かれ、御所坊には中途社員として入社しました。

バールの責任者であるので、売上の目標を達成は非常に重要な自分のミッションです。そのため、日々の売上を達成していくことについては、非常に達成感を感じます。バールの責任者として、非常に大きな権限を頂き、任せて頂いているので、お客様に提供する商品構成などを考えるのも非常にやりがいを感じ楽しいと感じています。

今のご時世で、どんな仕事でもすぐに辞めてしまうという話をよく聞きますが、最低でも1年は一生懸命取り組んでみてはどうかと思っています。山本五十六元帥の名言にもありますが、『やってみせ、いって聞かせて、させてみて、 褒めてやらねば人は動かじ』という言葉がありますが、私自身も現場の責任者として背中で語りつつも、今まで接客をしてきた経験を伝えながら、これから入ってくる新しいスタッフと一緒に成長していければと考えております。

また、元々は調理場でも仕事をしていたので、これから入社してくる方の本人のお気持ち次第ですが、色々チャレンジして頂ければと思っております。2年3年頑張ったら、接客業のスペシャリストとして、価値のある知識・スキルが身につく職場なので、共に精進できればと思います。

インタビュー 接客スタッフ

御所坊レストラン みきさん

接客の仕事が好きで自分には合っているように思い、旅館で働くことにも大変興味があったので、求人情報で、御所坊が有馬温泉でも歴史ある最古の宿であり、おもてなしにも定評があると聞いたので、面接を受けたところご縁を頂き今働いています。個人的には、面接の時に御所坊を訪れた際に、経営者をはじめ、スタッフの皆さんの家庭的な雰囲気が良かったことが入社した決め手になったと思います。

サービスをさせて頂く中で、お客様に「ありがとう」といって帰って頂けることが何よりも嬉しい。海外からのお客様の場合でも同じで、片言の日本語で「アリガトウゴザイマス」などと言われると、この仕事をしていて本当に良かったと思います。

800年以上の歴史があり、趣を感じる空間で働けることが好きな人にはたまらないと思います。また、就業環境として、非常にアットホームで家庭的な雰囲気があり、そういった面が御所坊の接客にも表れていると思う。接客が好きな方、お客様の笑顔が見たい方には非常に向いている仕事であるように思います。

時短スタッフ(フロント・接客)の業務について

・お食事処での接客の業務であれば、お客様のお食事の進み具合を見極めながら厨房と連携を取り、次のお料理をタイミング良く提供していくため、高いコミュニケーション力と状況把握能力が求められる。

・フロントでの接客の業務であれば、チャックイン・チェックアウトの業務もさることながら、「明日●●に行くけれど他に楽しみが何かあるか?」、「タクシー呼んでほしい。」「荷物を送ってほしい」、「アロマの予約をしたい」など様々な顧客の要望に対して、適切かつ迅速に対応する能力が求められる。

・お客様への接客は、他のスタッフと密に連携し、チームワークを発揮して連携し対応することが求められる。また、フルタイム勤務のスタッフのサポート役として、適宜御所坊グループの各セクションでの接客に対応頂きます。

・子育ての合間などに、扶養内での勤務を希望している方や、自営業の方で副業を考えている方。

・できる限り助けてあげたい、世話をしてあげたいということが好きな方。アパレルのハイブランドなどで接客を学んだ方。

・チームワークを求められるため、学生時代にサッカーやバスケットなど、状況によって自分が何をすべきかを瞬時に判断し対応することを経験してきた方。レストランやカフェでの接客経験のある方。

インタビュー 時短スタッフ(フロント・接客)

御所坊フロント 椙山

御所坊グループの出会いは、新聞の折り込み広告で御所坊の求人を見つけたことがきっかけです。私には子供が2人おり、上の子が小学校に入るタイミングで、3時間くらいで働ける仕事で、更に土日を休める仕事を探していました。
求人広告に、「子育て中のお母さんにもおすすめ」の文言を見つけ応募したところ、面接をして頂いた採用担当の方もちょうど私と同じ子育て世代で、保育園に預けているという共通点などもあり、母親としての会話もできたことと、勤務時間に関する条件面も受け入れてもらえたことが入社の決め手でした。採用して頂くまで、一貫した人事の方の温かい対応が今でも印象的です。

非常にアットホームな職場で、日々精神的な居心地の良さを感じています。
前職では、子供の急な病気などで休まざるを得ない時にも、ものすごくプレッシャーを感じていたが、今の職場では、非常にあたたかく対応して頂けるので働きやすいと感じています。
具体的な仕事については、当初は裏方の仕事から始めましたが、会社からの要望もあり、接客の経験もあったので、フロントの仕事に移りました。フロントの仕事はお客様との接点も多く、ご宿泊のお客様以外の方とのコミュニケーションも、非常に多い仕事で楽しく仕事をさせて頂いており満足しています。
また、日々の接客を行う中で、外国人のお客様への対応が増えており、英語と中国語を勉強しようという想いが出てきて、モチベーションが上がっています。今以上に海外のお客様との意思の疎通のレベルをより引き上げたいと感じ、自身の成長に取り組めていることに充実感を感じています。

子育てと両立するために時短勤務を選んでいますが、御所坊グループは子育てに理解のある企業なため、非常に働きやすいと感じています。また、前職で三宮の街で接客の仕事をしていた経験を持っていますが、ここ有馬温泉は非常に歴史があり、その空間に浸りながら仕事をすることが楽しいです。そこにいる喜び、そこに所属する喜び、そして、有馬温泉の歴史に参加できるという喜びを感じています。

予約スタッフの業務について

予約スタッフがきっちり正しく機能することが宿経営の基本であるため、適切に対応ができていればすべての業務がうまく回る。一方で、中途半端な対応があると、後々トラブルを引き起こす原因ともなる影響力のある業務。

パソコンを使った業務がメインとなり、メールでのお客様とのやり取りの中には英語での対応も含まれる。また、予約システムや在庫コントロールシステムを管理するため、ミスをすると売上減少に直結してしまう業務でもある。

お客様のご都合によるキャンセルについては、規定のキャンセル料を回収するため、おもてなしを心掛けながらも、毅然とした態度で電話対応をする必要がある。

パソコンでの業務がメインの業務であるが、そのためお客様とのやり取りがメールや電話など直接お客様の顔を見て話ができない場面も多いため、おもてなしの素質、空気を読む力、状況を汲み取る力が高く、正確に業務を遂行できる方に向いているお仕事です。

インタビュー 予約スタッフ

予約・配車 林さん

もともとシステム会社のプログラマーとして大阪と神戸の拠点で働いていました。転職のきっかけとしては、リーマンショック直後に転職を決意したことですが、今後の自分のキャリアを考えた際に、「自分にとって何がしわせなんだろう?」という想いから、ゼロベースでフラットに考えてみました。その中で、私は元々温泉が好きで有馬温泉は自宅からも近く、身近であったこともあり、業種業態にもこだわりなく、考えてみたこところ、好きなことを純粋に仕事にしてみようと思った時に、御所坊と出会いました。

入社した頃とは旅行需要やトレンドががらりと変わったように感じます。非常に大きな変化としては、以前と比べて圧倒的に外国人のお客様が増えたことだと感じています。外国人のお客様とのコミュニケーションにおいては、自分自身の英語力が十分ではないことがありますが、意思疎通をしようと努力をして対応することで、お客様に感謝された時に喜びを感じます。日本人も含めて、お客様から感謝の声「ありがとうございました」という声やお電話、メールなどを頂いたり、「また寄らせてもらいます」と言って頂けると、また頑張ろうとい気になり充実感を感じます。

接客の経験がなくても、有馬温泉に興味があったり、温泉が好きなどいう想いがある人で、御所坊で働いてみたいと感じた方は、ぜひ、飛び込んでいただければと思います。正直に言えば、どうにかなります。「好きこそものの上手なれ」と言う言葉もありますjので。

また、御所坊グループは、やりたいことはやらせてくれる環境がありますので、有馬温泉や温泉が好きだという想い、おもてなしを身に着けたいという強い想いがあれば、なんでもできると思います。御所坊の宿としての想いをお客様にお伝えすることで、御所坊の魅力だけでなく、有馬温泉全体の魅力を伝え、外国人のお客様に温泉マナーを伝えるなど、日本の文化を伝えることにも深く関われるこの仕事にチャレンジ頂きたいと思います。

インタビュー ワーキングホリデー戻り社員

御所坊フロント 伊郷

専門学校時代の実習の際に御所坊とご縁があり、その際に御所坊の旅館経営の一端、歴史を感じるおもてなしに触れ、就職することを希望、現在に至ります。特に、入社の決め手となったのは、職場の雰囲気が良さ、ホテルではなく旅館のおもてなしのスタンスが良いと感じたことです。また、元々日本的な「和」が好きで日本の礼儀などを学びたいと思ったこともあります。

20代前半にも関わらず、御所坊グループの宿のひとつである花小宿の支配人として、スタッフのとりまとめをさせて頂いたことは、個人的にあまりない非常にいい経験をだったと感じています。支配人になるまでの直属の上司、人事部スタッフ、そして経営者から自身の取り組みをしっかり見て頂き評価していると感じています。

御所坊は、800年以上を続く歴史ある宿です。中に入るとその歴史を感じるもので溢れています。一例ですが、伊藤英明氏であったり、与謝野晶子氏などの歴史の教科書にも登場する偉人たちの実際書かれた書物などもあったりします。こういった歴史的なものを感じながら働くことができる。いろんなことを経験できる会社だということを伝えたい。色々なことが経験できる環境は貴重だと思っています。また、他の宿ではなかなか経験できない「若くして抜擢する」や、「自分の意見・希望を聞いてくれる」環境にあると思います。同様に、成長を求める人には、サポートしてくれる体制にあり、英語の勉強をしたいのであれば、勤務のシフトなども考慮して通いやすく配慮いただけます。また、私自身、英語力を磨く目的も含めて海外で働いてみたいとの希望が非常に強く、休職してワーキングホリデーのため1年間オーストラリアで生活をしてきた経験があります。ワーキングホリデーに行くために休職したい意向を伝えたところ、会社には快諾頂けたのが、非常に印象的でした。日本に帰国し、会社に復帰してからも以前と変わらず迎えてくれた会社、同僚に感謝しつつ、日々楽しく仕事をしています。これは私にとって御所坊グループが、社員が積極的にチャレンジすることをバックアップしてくれる企業だと実感をしたひとつの事例でした。

ギャラリースタッフの業務について

・アーティストの開拓やアトリエへの訪問などを通して御所坊の専属バイヤーとして御所坊の合う品々を仕入れてきたり、作家自身も展示会で発掘してくる業務。

・高級宿にご宿泊をされることが多い経営者や、その奥様など、ホンモノに対して目利きの効く方に対しての接客を行う業務。

・セレクトショップ「御所坊」としてのラインナップを構築するため、目利きがいる業務。また、今後自社製品を手掛ける際に主体的に進めることが求められる。

御所坊の価値観、雰囲気が好きな方でバイヤー気質のある方やセレクトショップでの勤務経験や、美大卒・芸大卒で接客経験のある方に向いているお仕事です。

博物館キュレーターの業務について

・おもちゃを見学されているお客様の興味関心の内り代わりのタイミング見極め、テンポ良くご説明したり、質問にお応えしたりするため、コミュニケーション力と状況把握能力が求めらえる。

・小さい子供は、大人以上に敏感なので、話をする際には同じ目線の高さで話しかけたり、楽しく見学頂くだけではなく、おもちゃを壊さないように細心の配慮をしながら接客を行うことが求められる。

・求められる能力としては、相手を思いやる気持ちとコミュニケーション力であるが、人と接することが好きな方であれば、日々の業務を通して、必要なスキルを身に着けられるため、目の前のお客様にいかに楽しんでもらえるかを考える姿勢が重要となる。

・来館されるお客様への接客が主な仕事となるため、子供からおばあちゃんまで幅広いお客様と接することを楽しめる方に向いていると言えます。おもちゃを扱うこと自体を楽しめることはもちろん、好奇心のある方には向いている方や、遊び心がある方には向いている仕事と言えます。また、学生時代などに、ものづくりをしてきた方などにも向いていると言えます。

インタビュー 博物館キュレーター

 久米さん

私は芸大で木工を専攻していたのですが、昔から「おもちゃのデザイン」に興味があり、昔ながらのおもちゃを博物館などで見るのはもともと好きでしたが、大学4回生の時に進路を考えていた際に、担当教授から有馬玩具博物館での仕事を紹介されたことがきっかけです。

当時、有馬玩具博物館では、求人は行っていませんでしたが、自分で直接連絡をとり、採用ニーズはないかと尋ね、面接にこぎつけ、縁あって入社することになりました。

担当教授の教え子が、有馬癌負博物館の立ち上げにも関わった元館長であったことから、10年以上の月日が経ち、後輩にあたる私が入社することになったことにも、ちょっとした縁を感じます。

この職場は、沢山の子供からおばあちゃんまでいらっしゃるので、普段接することができない方とも接することができることが一番刺激的です。

普段の仕事では、お客様をご案内する機会が多くあり、ご案内の際には、年齢関係なく熱心に話を聞いて頂けます。

説明をさせて頂いた後に、「話を聞かないとわからなかったことが沢山あった。これまで以上にもっと興味を持った。」などのお言葉をお聞きする機会も多くあり、自分の仕事がお客様に感動や気付きを与えることができる素敵な仕事だと感じられることで、充実感を覚えます。

有馬玩具博物館での仕事は、学芸員の資格がなくとも、自ら学ぶ姿勢があれば対応はできる仕事であると思います。

この仕事は、学術的なものより、楽しんでもらうという視点が何よりも重要で、好奇心のある方や遊び心がある方に非常に向いていると感じます。

また、子供好きな方には、親子連れはもちろん、親子三世代にお越しになられる方も大変多く、お子さんやお孫さんよりも、おもちゃに興味が湧いて、熱心に質問をしてこられたりされる様子を見ていると、ある意味子供以上に大人も楽しめる施設であると実感します。

個人的には、世代を超えて、人を惹きつける「おもちゃの魅力」に益々引き込まれて行っています。人と接することが好きで、幅広い層と触れ合いながら仕事がしたいという方にぜひチャレンジ頂きたいと思っています。

調理スタッフ(和食)の業務について

・出来合いのものを一切使わず、一から手間を惜しまず本物の料理を創ることにこだわりも持つため、日々自分の技術を磨くことが要求される。

・御所坊料理の伝承の一方で、和食からフレンチに勉強に学ぶなど、グループ内に和食部門だけでなくフレンチ部門も持っているため、料理の幅を広げることが可能。そのためこういった調理スタッフにとって和食とフレンチの両方を学ぶ機会がある環境を前向きに捉えチャレンジするマインドが必要がある。

・日本における肉食文化の発症である神戸料理とも言える、御所坊の伝統料理を自身に取込み更に発展させる気概・チャレンジ精神が求められる。

地域に根差したずっと続いていく名物料理を創っていきたいという方や、和食・フレンチなど枠にとらわれずお客様に真に美味しい料理を提供したいという方に向いているお仕事です。

インタビュー 調理スタッフ(和食)

御所坊調理長 勝田さん

師匠である当時の料理長と共に御所坊に入社し、腕を磨いた末、現在御所坊の料理長として調理場を取り仕切っています。御所坊は出来合いのものは一切使わない本物の料理をご提供しています。多くの旅館で、人件費を落とすために一部出来合いのものを使うのが通常である中、昨今では御所坊の料理は非常に珍しいかもしれません。しかし、800年以上続く歴史ある宿の伝統を守るため、本物の料理を一から創ることにこだわる、この宿に入社し現在も働けていることは幸せだと感じています。

お客様に喜んでいただけたときです。夕食時に、お客様の前でステーキを焼いてその場で提供していた際に、お褒めの言葉を頂くときには非常にうれしく思います。また、御所坊は明石漁港で仲卸と同じ立場で生きた魚を仕入れることができる非常に稀有な旅館です。台の上を跳ねている魚を見ながら、競で落として仕入れ、自分自身で調理してお客様にご提供する。仕入れから料理の提供まで一貫してできることは、御所坊で働くからこそ味わえる充実感だと思います。

御所坊でしかできない料理人の仕事があります。仕入れから料理まで一貫してやれることはもちろん、800年以上続く老舗旅館の厨房を担うという、他では体験できない、貴重な経験を積むことができると思います。料理人として、唯一無二の存在になることを目指される方には、ぜひ御所坊で働くということにチャレンジして頂きたいと思います。

インタビュー 調理スタッフ(和食)

花小宿調理長 松岡さん

専門学校の企業説明会で、御所坊の当時の料理長である川上氏の講義を数回受講し御所坊に興味を持ったことがきっかけです。一番惹かれたのは、出来合いのものは一切使わず、「一から手造りをしている」ということに料理人として惹かれ入社し、現在は御所坊グループの花小宿の料理長を務めています。

お客様と料理を通じてわかり合えた感じたときです。創った料理のおいしいさが伝わった時はもちろん、料理だけではなく、おもてなし、サービスなど、私たちがお客様に提供するおもてなしによって、想いが伝わったことが実感できたときに何よりも充実感を感じます。また、お馴染み様がいらっしゃったときに、前回お越しになられた時に食べられた料理について覚えてくださっていた時など、非常にうれしく思います。お客様のご要望に応えるだけではなく、感動できるものをご提供することを大事にしていますが、時に、お客様のご所望されるものが、仕入れの関係などでご用意できない場合もあります。
しかしそういった場合であっても、お客様のご要望を加味し、別の形でご提案をしたもので、ご満足いただけた際には非常にうれしく思います。

花小宿は、料理人としてお客様と直接触れ合える宿です。出来合いのものを使わず、毎日仕込みを一からやるという、本物の料理を創っています。食材は、新鮮なものばかりを使うため、時期のもの旬のものを直接仕入れている。特に魚介類については、明石漁港で直接仕入れ、調理しています。仕入れ、仕込み、そして調理と、一貫して丁寧な仕事をするのが、私たちのこだわりです。料理人として、自分の手で本物の料理を創りたいという方に、ぜひチャレンジして頂きたいと思います。

インタビュー 調理スタッフ(和食)

1年目 古里さん

専門学校で行われた企業説明会で御所坊の歴史・料理への姿勢、有馬温泉に対しての取り組みなどについて、良い印象を持ったことがきっかけです。自分の志向として「泊まり込みで働ける旅館」での勤務を希望していたこともあり、一番最初に話を聞いて、感銘を受けた御所坊に入社することを考え、始めました。入社の決め手になったのは、料理長の料理哲学や腕に惚れた部分が大きく、何も隠さずに話をしてくれる職場だと感じたことところです。

料理人の道は厳しいと、専門学校でも散々言われてきました。もちろん、御所坊での日々の修業は厳しいものであるのは事実ですが、当初入社前にイメージしていたよりも、色々やらせて頂けると感じています。例えば、「だし巻き卵を巻く」ことが得意ということもありましたが、入社1年目でありながら、「お客様に出してみるか?」と抜擢して頂けたことは、非常に名誉に感じました。

料理長の考え方として、「出来る人間には、年次に関わらずどんどんやらせる」というものなので、努力し、力をつければチャンスをもらえることが他の旅館と大きく異なる点かもしれません。こういった職場で腕を磨けることが、何よりもありがたいと感じています。

正直に言えば、楽な仕事ではないですし、肉体的にも精神的にシンドイ部分があります。けれども、得られものは非常に多いと感じています。専門学校時代の友人と比べても、料理人としての自分の成長やお客さかに料理をお出しできるようになるスピードが早いと感じています。

調理スタッフ(カフェ・レストラン)の業務について

・有馬食堂では、調理に加えサービスまで対応するので、有馬温泉にご宿泊に来られた観光客の方だけではなく六甲山の山登りから降りてこられた方などもお客様にいらっしゃるため、御所坊グループの中でもお客様の幅が広い業務。

・調理だけでなく、接客においてお客様との対話は非常に興味深いものが多く、そのやり取りにおいて知見も広がる。

・有馬食堂のメニューの提案を始め、仕入れなどにも積極的な意見出しが求められる。

将来カフェ経営などを考えている方に向いているお仕事です。調理経験がない場合でも料理好きな方なら対応可能です。

配膳・調理補助の業務について

・料理のクレームの80%は、料理の温度、出すタイミング、器の汚れなど、そのためお客様の食事の状況を適切に把握し、料理や食器の状態に気を配りながらも厨房と円滑な連携のもとにお料理を提供することが求められる。

・800年の歴史を持つ御所坊グループがお料理をお客様に提供する場合に使用する器は高価なものも多いため、迅速な対応の中にも丁寧な扱いが求められる。

・状況を把握しながら、平行して物事を考え対応することが求められる。

全体の状況を見ながら物事を進められる方に向いているお仕事です。イベントスタッフ経験者や、ホテルの宴会場のスタッフ経験者にも向いているお仕事です。

インタビュー 配膳・調理補助

 佐伯さん

前職で働きながら新しい仕事を探している時に、当時近所の方が御所坊で働いていらっしゃってご紹介いただいたことがきっかけです。最初は、掃除のスタッフで入社しましたが、その後会社からの要望もあり、今の配膳の仕事に異動しました。

今の配膳の仕事については、お客様のお食事のペースを見極めながら、お客様に心地が良いタイミングでお料理を提供することが求められます。また、暖かいお料理は暖かく、冷たいお料理は冷たくした状態でお召し上がりいただくことが、お客様の満足に直結します。そのためには、客室スタッフとのコミュニケーションでお客様のご状況を正確に把握することと調理場との連携が非常に重要になってきます。お客様にベストのタイミングでお料理をご提供し、お食事を楽しんでいただくことができたと感じられるのは、お客様の「美味しかったです」「お料理を楽しませていただいたよ」などのお言葉を頂いたと、客室スタッフから報告を受けた時に、充実感を感じます。

非常に目配り気配りが重要になってくる仕事です。特別なスキルや仕事の経験が大事というより、何よりもお客様のことを考え、常に最適が何かを考えるということこそが重要な仕事ではないかと思います。器の扱い方、スタッフ同士が廊下ですれちがった際にちょっとした情報共有、お客様のご状況を調理場と共有し、チームとしてベストを追及するという仕事は、シンプルだからこそ、非常に奥深い仕事であると思います。有馬温泉近郊にお住いの方で、おもてなしの追及をされたいおもてなしを身に着けたいという方にぜひチャレンジいただきたいと思います。

バーテンダーの業務について

・客室のお酒も管理を始め、お部屋でワインの栓を開けワイン・日本酒・ウイスキーなどお酒に関するご説明と共にお客様にサーブし、食後の時間には、BARをオープンさせ接客を行う。

・御所坊オリジナルのブランドなどの開発の主導を取る。有馬温泉らしい、抹茶をつかったものや、ダシを使ったものなどオリジナルなものを提供することを念頭に開発を進める。

・オリジナルカクテルの開発においては、「シンガポールスリング」のような、御所坊の代名詞になるような名物のドリンクを、アルコール、ノンアルコール共に開発をしていく。

地元神戸の三ノ宮や元町でシェーカーを振っている方に向いているお仕事です。(現在勤務している会社の非番の日に当社でバイト勤務歓迎)。非常に良いワインがそろっているため、ソムリエを目指している方にも向いているお仕事です。

インタビュー バーテンダー

 前田さん

神戸・北野のフレンチレストラン「ジャン・ムーラン」で一緒に働いていた、御所坊グループの中核施設である、御所別墅の料理長の村木氏からお誘いを頂いたことがきっかけで入社しました。

御所坊には、820年の歴史があり、これだけの長い歴史を持ちかつ事業を継続できているからには理由があると思っています。その理由とは、御所坊の経営哲学、そしておもてなしの精神が大きなウエイトを占めていると思っています。そういった環境の中で、これまでの経験を活かせること、歴史を継承する一端を担うことは、非常にやりがいを感じることであると思っています。

御所坊に脈々と受け継がれるおもてなしの精神、そして経営哲学のもと、各スタッフが日々仕事に邁進しています。企業としての古きよきものを継承しつつも、現代の旅館の在り方として、新たに取り込んでいくものの両輪で事業を進めていく御所坊で働くことは接客業のいろはを学ぶだけでなく、世界から注目される「おもてなし」を追及するのに、最適的な場所のひとつではないかと思います。接客をするのが好きな方、接客を極めて行きたいという方は、ぜひ飛び込んできていただきたいと思っています。

送迎スタッフの業務について

・送迎は、お客様に対して、御所坊のおもてなしの最初と終わりと言える非常に重要な業務。送迎の間の5~10分程度の時間で有馬温泉の歴史などをお客様のご要望に応じてお伝えしたり、ご質問にお応えしたりとコミュニケーション力が求められる業務。

・有馬温泉の街は、歩行者が非常に多く道が狭いため、車が遠慮して運転する必要がある。そのため、人との接触に対して細心の注意を払い、車の脇腹などを建物にこすらないようにするため、運転技術が求められる。

・御所坊のおもてなしイズムに沿った運転・お客様との対話が求められる。

タクシーの運転手経験者。運転のうまい喫茶店経営者の方に向いているお仕事です。

ナイトフロントスタッフの業務について

・夜間にトラブルが起こりやいため、ナイトスタッフの対応レベルで宿の格が分かるとも言われる、宿経営における隠れた重要ポジションとも言える。

・ナイトフロントとして夜間の接客対応に加え、お部屋のお布団をひきや、外国からのお客様へお風呂の入り方をお伝えするなどの業務も行う。

・お客様から問い合わせのない時間は待機期間として比較的自由な時間があり、深夜から朝方にかけては仮眠することができます。

接客業経験者、看護師経験者、コンビニでの深夜バイト経験者に向いているお仕事です。ダブルワーク希望者歓迎。

清掃スタッフの業務について

・主な業務は、館内掃除、お風呂の掃除、客室掃除などお客様をおもてなしする上での基本的な館内環境を整える業務。

・清掃スタッフではあるものの、お客様と接する機会もあるため、おもてなしの心を持った接客は必要。清掃スタッフの挨拶ひとつで宿の格が分かると言われることも多く、宿経営におけるブランディングの隠れた立役者と言える。

・短期間で手際よく掃除を行う必要があるので、テキパキ段取りよく仕事を進めることが求められる。

有馬温泉界隈で時短勤務を考えている方に向いているお仕事です。主婦の方で子育ての間にちょっとした仕事をお考えの方にも向いているお仕事です。

インタビュー 人事スタッフ

人事 和田

高校を卒業し、一度は事務職として就職しましたが、正直なところ自分にあった仕事と思うことができませんでした。そんな時、当時のTVドラマをきっかけにホテルの仕事に興味を持ち、元々人と話すのが好きで日々接客をするお客様が変わるというホテルの仕事は、自身にとって「変化あふれる仕事」に見え、本来求めていた仕事が接客の仕事であることに気が付きました。その後、ホテルの専門学校に進学し、研修の中などで、格調高い老舗ホテルでも仕事をする機会がありましたが、ホテルの組織の仕組上役割が細分化されているため、ご来館されたお客様にずっと付き添ってサービスが可能な旅館を希望するようになりました。御所坊グループとの出会いは、当時通っていた専門学校に当社代表の金井がの講師として教壇になっていたことがきっかけです。当社代表の金井は、専門学校の講師の中でも、ずば抜けて「面白い講義」をすることで知られていましたが、講義を通して御所坊グループに興味を持つようになり、短期間のアルバイト経験を経て、御所坊に入社しました。

ひと言でいうと、「毎日違う人と違う話ができることが楽しい」というのが、充実感の源です。御所坊グループの仕事は例外なく、ご旅行にお越しになられる方へのサービスを提供する仕事です。ご旅行に来られる方は、国内はもちろん、世界各国からお越しになられます。リピーターのお客様も非常におおくいらっしゃいますが、本当に多くの方と接することができることがこの仕事の醍醐味だと思っています。専業主婦や三宮でOLをしている高校の同級生と世間話や仕事について話す機会などがあると、自分の仕事がいかに多種多様なお客様と接しているかを実感します。また、自身の見識が広がることはもちろん、短時間にいろいろな方の懐に入る力が圧倒的につく仕事だということを実感できます。日々、いち人間としての成長も実感できる仕事はなかなかないのではないかと感じますので、非常に楽しめる仕事であると思います。
現在、人事担当として、当社の仕事に携わっていますが、現場のスタッフとして経験してきた接客の魅力をいかに応募者の方に伝えるか、そして一緒に働いている社員に、日々楽しく働いてもらうかについて取り組んでいます。歴史ある御所坊グループが更なる飛躍ができるよう、日々人事として奮闘する毎日は、800年以上の歴史を継承するやりがいのある仕事であると感じています。

当社には、個性あふれる社員が非常に多くいると感じています。平成の時代でありながら、800年以上前の時代にさかのぼったかのような歴史を感じる建物の中で、着物を着て働くという非日常を毎日体験できる仕事はなかなかないかと思います。また当社ではワーキングホリデーを希望する社員の要望にも柔軟に応える仕組みがあり、1年間海外で生活をしたスタッフが、翌年当たり前のように一緒に働いているということが多々あります。また、私のように、子育てをしながら働くワーキングマザーも多数おり、ママ社員にとっても融通を利いてくれる働きやすい職場であるように思います。英語の勉強に、華道、日本伝統の所作などを身に着けることにも積極的で、会社としてのバックアップも充実しているので、世界に通じながらも日本伝統の接客を身に着けたいという方にはぜひご応募頂きたいと思います。

管理部門スタッフの業務について

・煩雑なことを、部門を超えて仕事をする必要が多いため、高いコミュニケーション力が要求される。

・業務の領域は、企業経営における管理系の業務全般(経理、人事、総務)に加え、倉庫管理、お風呂のボイラーの管理など多岐にわたる。

・専門家である会計事務所の顧問税理士の先生が月1~2回程来社されるため、コミュニケーションをとり、うまく連携を取りながら業務を遂行する。

比較的規模の小さな企業で経理業務を含む、管理部門業務経験のある方に向いているお仕事です。