インタビュー 人事スタッフ

人事 和田

高校を卒業し、一度は事務職として就職しましたが、正直なところ自分にあった仕事と思うことができませんでした。そんな時、当時のTVドラマをきっかけにホテルの仕事に興味を持ち、元々人と話すのが好きで日々接客をするお客様が変わるというホテルの仕事は、自身にとって「変化あふれる仕事」に見え、本来求めていた仕事が接客の仕事であることに気が付きました。その後、ホテルの専門学校に進学し、研修の中などで、格調高い老舗ホテルでも仕事をする機会がありましたが、ホテルの組織の仕組上役割が細分化されているため、ご来館されたお客様にずっと付き添ってサービスが可能な旅館を希望するようになりました。御所坊グループとの出会いは、当時通っていた専門学校に当社代表の金井が講師として登壇されていたことがきっかけです。当社代表の金井は、専門学校の講師の中でも、ずば抜けて「面白い講義」をすることで知られていましたが、講義を通して御所坊グループに興味を持つようになり、短期間のアルバイト経験を経て、御所坊に入社しました。

ひと言でいうと、「毎日違う人と違う話ができることが楽しい」というのが、充実感の源です。御所坊グループの仕事は例外なく、ご旅行にお越しになられる方へのサービスを提供する仕事です。ご旅行に来られる方は、国内はもちろん、世界各国からお越しになられます。リピーターのお客様も非常におおくいらっしゃいますが、本当に多くの方と接することができることがこの仕事の醍醐味だと思っています。専業主婦や三宮でOLをしている高校の同級生と世間話や仕事について話す機会などがあると、自分の仕事がいかに多種多様なお客様と接しているかを実感します。また、自身の見識が広がることはもちろん、短時間にいろいろな方の懐に入る力が圧倒的につく仕事だということを実感できます。日々、いち人間としての成長も実感できる仕事はなかなかないのではないかと感じますので、非常に楽しめる仕事であると思います。
現在、人事担当として、当社の仕事に携わっていますが、現場のスタッフとして経験してきた接客の魅力をいかに応募者の方に伝えるか、そして一緒に働いている社員に、日々楽しく働いてもらうかについて取り組んでいます。歴史ある御所坊グループが更なる飛躍ができるよう、日々人事として奮闘する毎日は、800年以上の歴史を継承するやりがいのある仕事であると感じています。

当社には、個性あふれる社員が非常に多くいると感じています。令和の時代でありながら、800年以上前の時代にさかのぼったかのような歴史を感じる建物の中で、着物を着て働くという非日常を毎日体験できる仕事はなかなかないかと思います。また当社ではワーキングホリデーを希望する社員の要望にも柔軟に応える仕組みがあり、1年間海外で生活をしたスタッフが、翌年当たり前のように一緒に働いているということが多々あります。また、私のように、子育てをしながら働くワーキングマザーも多数おり、ママ社員にとっても融通を利いてくれる働きやすい職場であるように思います。英語の勉強に、華道、日本伝統の所作などを身に着けることにも積極的で、会社としてのバックアップも充実しているので、世界に通じながらも日本伝統の接客を身に着けたいという方にはぜひご応募頂きたいと思います。

募集要項

お電話でお問い合わせください。

Copyright(c) Goshoboh. All rights reserved.