インタビュー ワーキングホリデー戻り社員

御所坊フロント 伊郷

専門学校時代の実習の際に御所坊とご縁があり、その際に御所坊の旅館経営の一端、歴史を感じるおもてなしに触れ、就職することを希望、現在に至ります。特に、入社の決め手となったのは、職場の雰囲気が良さ、ホテルではなく旅館のおもてなしのスタンスが良いと感じたことです。また、元々日本的な「和」が好きで日本の礼儀などを学びたいと思ったこともあります。

20代前半にも関わらず、御所坊グループの宿のひとつである花小宿の支配人として、スタッフのとりまとめをさせて頂いたことは、個人的にあまりない非常にいい経験をだったと感じています。支配人になるまでの直属の上司、人事部スタッフ、そして経営者から自身の取り組みをしっかり見て頂き評価していると感じています。

御所坊は、800年以上を続く歴史ある宿です。中に入るとその歴史を感じるもので溢れています。一例ですが、伊藤博文氏であったり、与謝野晶子氏などの歴史の教科書にも登場する偉人たちの実際書かれた書物などもあったりします。こういった歴史的なものを感じながら働くことができる。いろんなことを経験できる会社だということを伝えたい。色々なことが経験できる環境は貴重だと思っています。また、他の宿ではなかなか経験できない「若くして抜擢する」や、「自分の意見・希望を聞いてくれる」環境にあると思います。同様に、成長を求める人には、サポートしてくれる体制にあり、英語の勉強をしたいのであれば、勤務のシフトなども考慮して通いやすく配慮いただけます。また、私自身、英語力を磨く目的も含めて海外で働いてみたいとの希望が非常に強く、休職してワーキングホリデーのため1年間オーストラリアで生活をしてきた経験があります。ワーキングホリデーに行くために休職したい意向を伝えたところ、会社には快諾頂けたのが、非常に印象的でした。日本に帰国し、会社に復帰してからも以前と変わらず迎えてくれた会社、同僚に感謝しつつ、日々楽しく仕事をしています。これは私にとって御所坊グループが、社員が積極的にチャレンジすることをバックアップしてくれる企業だと実感をしたひとつの事例でした。

募集要項

お電話でお問い合わせください。

Copyright(c) Goshoboh. All rights reserved.